2014年12月17日

大人気白樺シリーズ〜茶色編〜

爆弾低気圧の影響で日本中大荒れのようですね。
大分の仕立て職人・秋好さんから「雪がちらついていますよ〜」とメールが。
えっ!!大分でも雪??
本当に寒いですね。。。大きな被害が出ませんように。

さて!
今日は、藍木野でも人気の白樺シリーズをご紹介します。
「白樺」という名前も浸透してきて、お客様にも「白樺って気持ちいいのよね」と褒めて頂いたりも。
白樺シリーズでは色々な色が出てきていますが今日は茶色をご紹介しましょう。

白樺茶生地見本.jpg

節のある、光に透かすとこのような感じの糸です。わかるかな?
久留米絣の織元・西原織物さんに織って頂きました。ネーミングも西原さん。

節があるからか、例えば夏に一枚で着ても不思議とべたつかないとのこと。
冬は重ね着すると暖かいです。

一枚衿BL.JPG

こちらは白樺茶の一枚襟ブラウス。(58000円+税)
冬はパンツを黒や茶系にして、夏は白っぽい色と合わせると一年中重宝しそう。

白樺茶七分.jpg

そしてこちらはビッグブラウスの七分袖。(63000円+税)
こちらも長いシーズン着れそうですね。

白樺茶まえあき.JPG

こちらは前開きのビッグブラウス。(75000円+税)
ジャケットやショートコートのように着たい方はこちらがおすすめ。

茶色といっても、糸に節があり黄味がかった茶の部分もあるので表情のある生地です。

久留米絣って、紺のイメージが多いかも?しれませんが、糸や柄、染めでいろんな可能性が
あるんですね。
着れば着るほどやわらかーく、馴染んで気持ち良くなるのも白樺の特徴です(^^)


posted by あきの at 17:49| 藍木野からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。